ついにパプキン(パープル系統)が羽化!その色は…

スポンサーリンク
パプアキンイロクワガタ 金色生き物関係

こんにちは。

6月の頭にパプキンが蛹になりましたという記事を書いて以来、全然更新されていませんでしたが…

ついに、4匹全部が羽化したので、お披露目したいと思います!!🎉

前回までの記事はこちら↓

親が両方パープルの掛け合わせの結果…

今回は4匹、親がパープルの組み合わせです。

メスが3匹、オスが1匹でしたが、その結果は〜〜〜

こちら!!

こいつはパープルなのか…!?!?
ちょっと赤みがかったパープルという感じです。

こちらは赤?オレンジ?
個人的にはこの色はけっこう好きで、まさかパープルからこうなるとは思ってもいませんでした。
ちょっと嬉しい。

個人的に衝撃だったのはこの子です(笑)
最初見た時に、これはカナブンだわと思いました。
そこらへんにいる感はありますが、しばらくすると愛着が湧いてきました。

そしてオスはこちら!
角が立派で、体はゴールド!
カッコ良いです!!

今回、初めて羽化しましたがメスは3週間、オスは1ヶ月ほどかかりましたね。

育てるのに使ったマットはきのこマットです。

終わりに

今回はざっとパープル系統で羽化した子たちの写真を上げました。

パープル系統とは言ったものの実際にはパープルはメス1匹という結果になり、少し残念でした。

購入先の人にも聞いたのですが、メスにはパープルやオレンジが出るけどオスはなかなかとのことです。
そりゃ、パープルやブルーは珍しいと言われるはずですね。

しかし、個人的にはなぜパープル×パープルでこのような色のバリエーションになるのか気になります。
1遺伝子ではないでしょうね(笑)
多型で、もしかしたらトランスポゾンも入っているのか。
気になるところですがゲノムを読まないことには分かりません(笑)

虫愛好会の人にゲノム読むクラウドファウンディングとかしたらお金出してくれるのだろうか…

ちなみにこれらの4匹はワメナ産です。

イリヤ産の子も2匹羽化しました。
こんな感じです。

綺麗なブルー!
ただ、二つも産地があるとブリーディングが大変なので、この子はひっそりと育てることにします…

コメント

タイトルとURLをコピーしました