ImageJで画像中の葉や物の面積を測定する方法

スポンサーリンク
ImageJで画像の面積を測る科学関係の記事

こんにちは。

研究をしていると画像の葉や物の面積を測りたい!という時がありますよね。

今回はImageJを使った画像の面積の測定方法を紹介します。

まとめると…(Macでのコマンドになります。追記20200929)

  1. command + oまたはドラッグで画像を開く
  2. Freehand selectionsで基準となる長さのものに合わせる
  3. Analyze→set scaleで長さと単位を入力する
  4. Polygon selectionsで任意の測りたい場所を囲む
  5. command + mで面積を測る
  6. shift + +でカーソルを中心に拡大
  7. command + -で縮小

それでは、画像を使って段階ごとに説明していきます。

似たような記事はこちら↓

基準となる長さの設定方法

ImageJを開いたら、Openを押して画像を開くか、画像をドラッグ&ドロップします。

ショートカットキーはMacの場合、command + o です。

画像を開いたら、線のアイコンFreehand selectionsをクリックします。

すると、画像の上に線が引けるようになります。

画像中の長さがわかるものに合わせて線を引きます。

画像における長さを設定するために、Analyze→set scaleを開きます。

ここでは、known distanceを10、unit of lengthをmmに設定しています。

Globalにチェックを入れることで、規格が同じ画像を複数操作する場合、長さを再度設定する必要がありません。

面積の測り方

次に対象物の面積を測定します。

左から3つ目のPolygon selectionsを選ぶと対象の形に合わせて面積を測定できます。

他にも四角Rectangle、円Oval、フリーハンドFreehand selectionsなどなど、自在に面積を測定できます。

Analyze→Measureで面積を測定します。

ショートカットキーはcommand + mです。

そうすると、このような表が現れます。

Areaが面積を表しており、15.11mm2です。

これで測定終了です。

もし長さを測りたいときにはFreehand selectionsで、同様にcommand + mで測れます。

上の表にlengthという項目が現れ、長さが測定されますよ。

まとめ

今回はImageJを使った画像中の葉や物の面積の測り方でした。

まとめるとこのような流れになります。

  1. command + oまたはドラッグで画像を開く
  2. Freehand selectionsで基準となる長さのものに合わせる
  3. Analyze→set scaleで長さと単位を入力する
  4. Polygon selectionsで任意の測りたい場所を囲む
  5. command + mで面積を測る
  6. shift + +でカーソルを中心に拡大
  7. command + -で縮小

皆さんの研究の手助けになりましたら幸いです。

他にもこんな記事を書いています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました